ご契約いただいた買主様全体の統計です。

[ 年代住所自宅タイプ職業年収用途日数相談者 ]
[平成13-14年]
[平成16年]
[平成17年]
お客様データトップ

’禺舁佑里缶承舛蓮
半分以上が男性名義ですが、年々女性お一人のご購入者や、奥様単独名義にされるご夫婦が増えております。

買主様の年代は?
50歳代・60歳代で6割以上を占めておりますが、若干減少傾向です。逆に、70歳代は微増傾向です。

ページトップ
G禺舁佑慮什澆里住まいは?
例年、東京にお住まいの方が3割5分前後、神奈川の方が4割前後となっておりますが、H15年も同様の結果です。市区町別ではトップは横浜市がダントツでお問い合わせ編同様購入者が多く、順に湯河原町、川崎市、熱海市、世田谷区と続いています。弊社テリトリー(熱海市・伊東市・湯河原町・真鶴町)内は全体の16.6%で、地元のお客様もご成約いただいております。又、「お問い合わせ編」と比べると神奈川が1割以上も増えており「近さ」が伊豆リゾート物件購入の大きな要因と言えます。

で禺舁佑慮什澆里住まいのタイプは?
成約データ物件編と比較するとわかりますが、マンション所有者でも「リゾートは戸建」志向が強くなっています。又、2割弱の賃貸住まいの方がリゾート購入を実現されています。

ページトップ
デ禺舁佑里歓Χ箸蓮
収例年通り1位は会社員の方ですが、前年と比べると12.9ポイントも減少しています。大きく増えたのが会社役員の方で、前年より増えたポイントが1位の7.1ポイントで順位では10位から3位に躍進しています。同様に自営業の方が+4.6ポイントの4位から2位、教職員の方が+3.0ポイントの8位から6位となっています。安定しているのが公務員(団体職員含)の方で、毎年10ポイント前後のご成約を頂いております。

η収はおいくら?
年収人口は高収入になるにつれピラミッド型になりますが、それとほぼ同様に成約データもなっています。ただ、年収801〜1200万円の方が特に多く、このクラスが伊豆のリゾート志向が強いことが伺えます。


ページトップ
Ч愼後の利用用途は?
H15年も永住志向の方が50%を超えました。、バブル期は別荘志向の方が多く当時とは逆転現象になっています。このことは伊豆のリゾート購入がブームではなく実需になったと言えるでしょう。そんな中、H15年は別荘にする方が前年より1割も増え、都心のミニバブルの影響かとも分析しています。


ページトップ
┐問い合わせ日からご成約日までの経過日数は?
意外にもお問い合わせをいただいてから1ヶ月以内にご成約される方が多く、要因は「見るとやはり欲しくなる。」「ネットや広告などで多少の知識があった。」「忙しくて何度も見に来れない。」などがあります。又、当社の場合、「むずかしい物件」や「問題のある物件」は削除していますので物件説明がスムーズなのも、ご成約が早い要因です。6割の方が3ヶ月以内の方なので、お客様も集中的にお探しになられています。一方、ダイレクトメール・会員メール配信などを定期的に行っており、メールで再度お問い合わせを頂くケースが多く、2年以上の方のご成約も多くなっています。


ページトップ
購入にあたり誰の意見を参考にしましたか?
ご自身で決められる方は3割弱ですが、配偶者の方の意見を大切にされる方が4割強いらっしゃいます。




アップタウン伊豆 リゾート不動産情報
Copyright(c) 2002 uptown-izu All Rights Reserved